キャッシングサービスを使用する時は、使用するキャッシングサービスの審査に申込み、その申込みに通ることが前提です。そうなると、そうした審査の中では、ご利用者のどういった箇所が判断されるのか。キャッシング会社は審査申込みを申し受けると、まず最初、自社の登録リストに申込みした人が既に登録済みか否か、ってことを調べます。審査基準を通過すると、信用情報機関等に連絡を取って、キャッシングサービスを受けようとしている人の登録記録があるか否か確認します。それから、キャッシングサービスを受けようとしている方の歳や今までの利用履歴というような個人情報の要素などからも調べていくのです。総合的にみて、融資を許可させるかどうか、いくらくらいの額の貸出しを認めるか審査します。厳しい審査を通ることで、カードが作られ、お金の貸出しサービス利用することができるようになるのです。キャッシングサービスを受けるための申し込みには、審査依頼者の個人情報といえるものをすべて晒すつもりで望まなければなりません。自分のことは言うまでもないですが家族のことや職や勤め先や、住宅の環境等も審査項目に書かなければなりません。貸付け会社の厳しい審査では、そういった判断する項目のことを属性と呼ぶことがあります。その中でも、特に大事な属性があり、そこでひっかかった際には、審査を通過する可能性は低くなってしまいます。大切とされる属性は、その人がいったいどんな人間なのか分かることができるもので、さらに裏付けがあるものについては重視される動きがあるようです。中でも、月収水準がわかるような属性も重要視されるようです。年収は重要視されると感じるかもしれませんが、実際は、年の収入は自分で申し立てが可能なため、年の収入自体の裏付けが見れない限りはあまり重要とされるものではないのです。嘘の年収の報告も可能であることから、確認できるものより重視することはないはずです。また、職種では、特に「離職率が低い」職種であれば、通りずらい審査にも関わらず有利になります。学校の先生などの公務員がその一つの例で、それに次ぐ職種では安定があるビジネスマンなどです。不利な職種は正反対で、「不安定な職種」と言えます。酔客を相手とする職業や、アルバイト、自営業者、漫画家なども、安定している職業と見られず、審査は通りにくくなるようです。その一方で住み家の面では、自己の家であるかどうかはもちろん重要とされるはずですが、同時に、住んでる年数も非常に重要とすることは高級なマンションに住んでいるかどうなのかよりは、どういった家であろうとも長い間住んでいるほうが審査自体ではプラスです。長期間住んでいる#NAME?信用を持てると評価されるのです。

Copyright © 2002 www.dctangomarathon.com All Rights Reserved.