自動車を持つ人は知っているはずですが、自動車税が徴収されます。

そしてこの税金は、愛車買い取り時に一般的に返還される税金なのです。

こういった内容は実際実行したら簡単に理解できますが、これから順に分かりやすく説明していきます。

ちなみに補足するとすれば日本で作られている自動車に限らずドイツ車等も税金が戻ってくる対象に決まってます。

愛車についてもそうです。

自動車税という税金は自動車を持っている人が支払い義務を負う税なのですが、税額は自動車の排気量の大小で定められています。

1リッター以下なら29500円となり、1リッターより上で1.5リッター以下の場合34500円。

その後は500cc毎に5000円ずつ増えます。

またこれは4月1日現在ので車を保有している人が、来年3月までの全額を払う決まりです。

つまりは事前納付ということですから、自動車を買取してもらって、所有権を手放した時ではその分の税額は還ってくるというわけです。

この自動車税の場合は前払いで来年3月までの税金を納付しますから年度内にクルマを買い取ってもらったときは新たなオーナーがこの税を負担するということになります。

売却先が専門店なら買い取り時に所有者が前払いしている分の税額を返還してくれます。

まとめると、所有者でなくなった際以降の税は、権利が移った所有権を持った人が支払い義務を負います。

あなたが10月の間にクルマを手放した場合は11月から次の年の3月の間までの自動車税は還ってくるのです。

というのも前も述べた通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているという決まりによるものです。

ということは前所有者は買い取った相手に税を返してもらうということです。

個人的に車を引き取ってもらう場合には、結構こうした知識に気づかない方が見受けられるためしっかり確認をとるようにしなければなりません。

自動車税という税金はクルマの売却で還ってくることをあまり知らない人が多いからと言ってそれを言わない悪徳業者もいます。

こちらから返金について言わなければ、全く返金のことについて触れないというケースも見られます。

なので車の買い取りをお願いする場合は、払いすぎたお金が返還されるのかどうかを確認することをおろそかにしないようにしましょう。

Copyright © 2002 www.dctangomarathon.com All Rights Reserved.